路傍の牛蒡

1.05Aの環境と自デッキについて

04月19日(水)21時02分
 久々の更新。
 ネット環境が無いとブログ更新も出来ないから困りますね。
 まあスマホで更新も出来なくはないんですが、記事書くのに時間かかるから気が進まない。やっぱPCじゃないとね。
 ちなみに今は家のPCで書き溜めて、ネットカフェで更新してます。

 改めまして三国話。
 VerUp後、現環境は手腕天啓が跋扈してますね。
 個人的な流行デッキを纏めると、

・手腕天啓
・糜夫人5枚呂布

 次いで、

・麻痺矢号令
・マッスル大徳
・関興ワラ
・蛮勇ワラ

 次いで、

・騎馬単求心
・武神号令

 って感じですかね。
 まあぶっちゃけ手腕天啓が圧倒的に多いです。

 糜夫人5枚呂布は手腕天啓を狩れるのが大きいですね。
 麻痺矢号令も手腕天啓に刺さるからか、割と多いと思います。

 そんな感じで、ワラより号令なVerなのは間違いないと思います。
 また、弓が多いVerで騎馬単が少ないVerでもあると思いますね。
 個人的に対騎馬単が苦手なので、前Verに比べて相当息がしやすいバージョンかな、と思ってます。


 さて、今度は自分のデッキの話。
 今Verは今までで一番大水計ワラが戦えるバージョンです。
 
ホウ徳(攻撃/緑緑黄)
陳武(兵力/黄黄)
荀攸(防柵/赤緑) 
呉景(--)
藩璋(復活/赤赤)
曹昂(--)

 基本は上三枚を覚醒させます。
 槍の回転率が必要な相手には藩璋を覚醒させることも。

 立ち回りとしては、素武力で少しずつラインを上げる。
 マウントに入れそうなら多少無理してでもライン上げて大水計マウント。
 敵のカウンターには陳武で対抗。って感じです。
 デッキの性質上、ラインを維持するというより、カウンターされてカウンターして、というシーソーゲームに強い。

 強い動きとしては、チャンスを見て連環で敵の騎馬を落としてマウント。
 再起を撃たせて復活したところを流す。もしくは特攻戦法を決める。
 この動きが決められれば大体勝てます。ただし関興は無理。


 手腕天啓に対しては立ち回りが一気に変わります。
 大水計ワラの得意なシーソーゲームにすると簡単に天啓チャンスを与えてしまうので、無理攻めは絶対しない。
 なるだけライン維持するように立ち回ります。
 基本的に白兵は勝てるし、無理に内乱を取ろうとしない方がいい。
 無理しなくても内乱1発くらいはいずれ取れます。

 ライン維持は大水計プレッシャーを活かす。
 無理やり散開させたところを、騎馬の機動力と火力で各個撃破します。
 勿論散開しなかったら流します。

 試合展開にも寄りますが、積極的に陳武を撃っていきます。
 手腕を撃たれたら漢の意地。絶対にラインは上げさせない。
 陳武叩いて孫堅を落とせそうなら漢の意地。
 士気差が出来ようと、陳武が落ちようと、孫堅を落とせればOK。
 例え手腕を撃たれても孫堅が落ちてれば何とかなります。

 ラインを上げられてしまったなら、孫堅を落とす為のピン流しもOK。
 大水計プレッシャーのおかげで、相手は孫堅だけを前に出してラインを上げようとします。
 その為、孫堅はこちらの騎馬とオーラをぶつけ合う展開になる。
 よって兵力は減ってるので流せます。

 今のところ、ランカー相手以外はこの立ち回りで勝ててます。
 手腕天啓、糜夫人呂布、麻痺矢号令に有利。
 それだけでこのデッキは相当強いと思います。
スポンサーサイト
雑記コメント(0) |トラックバック(-)


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

nigauri5825

Author:nigauri5825
にがうりです?
人種はゲーマー、趣味は作曲を中心とした創作活動。
twitter:nigauri_udon

*よくやるゲーム

・戦国大戦
正3位くらい?
6枚好き。

・ひデブ改
空手使い。サブは斧に波動。
WinXPのサービス終了につき、現在プレイ不能。

・ガンスト2
1ではSSSの多キャラ使い。
2になってから茉莉・凛使い。

・maimai
低速曲とホールドが死ぬほど苦手なレート11台。

・迷宮キングダム(TRPG)
多分まよくろ。

・シノビガミ(TRPG)
・CoC(TRPG)
・パラノイア(TRPG)
多少プレイ経験あり。

・ダブルクロス(TRPG)
・世界樹の迷宮SRS(TRPG)
・艦これRPG(TRPG)
・アリアンロッド(TRPG)
・キルデスビジネス(TRPG)
ルルブ所持。プレイ経験なし。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR