FC2ブログ

路傍の牛蒡

ざっくりモズクエリア雑感

09月29日(金)17時52分
 イカ話。
 モズクエリアの攻略記事は流石にまだ書ける程やり込めてないので、雑感という形で。


 モズク最大の特徴は「金網と下の上下展開」にあります。
 金網が非常に広範囲にあるので、上下に広く展開する、ということが可能です。

 全体的に視界が開けたステージですが、下を見てたら案外上が見えなかったり、逆もしかりです。
 「少なくとも4人のうち1人は金網上で戦う」意識があると、立ち回りやすいと思います。

 視界が開けたステージといいつつも、実は展開できる場所自体はかなり限られています。
 なので、下で4人戦う、という状況は、基本位置被りします。
 位置被りしない為にも、金網上で戦う人が必要になってきます。

 金網に向いた武器ですが、人速を活かしやすい、射程の長い武器が向いています。
 ……が、相手の意識の裏をとれるという意味で、実は短射程が接近手段として使うのも有効です。
 インク回復が難しく、かつボムが活きにくい場所なので、基本はメインで戦う武器が強いです。

 結論的にはスピナーの聖地になる訳ですが……。
 今作だと、短射程武器の一部が「軽量ブキ」になっていて、単純な人速が速くなっています。
 なので、わかば・もみじ等で金網を取るのも案外有効になりました
 これを理解しておくと、立ち回りの幅がかなり広がると思います。

 基本展開は左ロングと、最短エリア内右側と、右金網と、右裏です。
 左ロングと最短エリア内右側は互いに見合う場所。
 左ロングは最短エリア内右側にいる味方の背後を守っています。
 左ロングの裏を狙うのが右裏。
 右金網は上という死角から左ロングを狙ったり、敵後衛を潰しに行く位置。開幕はあまり使わないと思います。

 大きな変更点として、右裏が広くなり、ブロックが各所に置かれたことにより、右裏で生き残ることが容易くなりました。
 裏を刺すために右裏に入る、というだけでなく、前線の一部として考えることもできるようになったと思います。
 非常に強力な位置なので、積極的に使うべきになりました。
 裏取りという意味だけでなく、ガンガン入っていきたいです。
 やはりスフィア持ちが使いやすい位置ですが、チャクチ持ちも比較的強いです。

 また、逆側の裏取りはほぼ使えなくなりました。
 左金網のブロック上から左広場に入るショートカットが使えなくなったので、金網を歩かないといけません。
 こちらの裏が使えなくなった分、右裏が強化されたと見るべきでしょうか。

 左ショートカットが使えなくなった分、前作よりブラスター・スロッシャーが弱くなったイメージがあります。
 その分、右裏や金網の重要性が上がったので、前作よりもシューターが強いイメージ。
 勿論スピナーは当たり前ですがさらに凶悪になりました。ヒト速が乗りにくくなったとはいえ、射撃中以外は変わりませんし。

 裏取りルートが限定された分、左金網の裏を取る方法が右裏しかないんですよ。
 右裏だけ見ておけば左金網が暴れ続ける。
 とはいえ、右裏に居座りやすくなっているので、左金網の敵を「抑える」意味で、右裏に入るのは重要ですね。

 あ、あと抑えで敵ロング潜伏は弱くなりました。ブロックが増えた分。
 それでも非常に強いので、抑えは二人ここに入っていいと思います。
スポンサーサイト
雑記コメント(0) |トラックバック(-)


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

nigauri5825

Author:nigauri5825
にがうりです?
人種はゲーマー、趣味は作曲を中心とした創作活動。
twitter:nigauri_udon

*よくやるゲーム

・Splatoon
1ではバケツ・バケソー使い。S+カンストの底辺。
2はL3リールガン。全ルールS+。

・三国志大戦
フリマ維持したり落ちたりするくらい。
大水計。

・ひデブ改
空手使い。サブは斧に波動。
WinXPのサービス終了につき、現在プレイ不能。

・ガンストΣ
1ではSSSの多キャラ使い。2以降は半引退。
Σではバン使い。

・maimai
低速曲とホールドが死ぬほど苦手なレート12台。

・迷宮キングダム(TRPG)
多分まよくろ。

・シノビガミ(TRPG)
・CoC(TRPG)
・パラノイア(TRPG)
多少プレイ経験あり。

・ダブルクロス(TRPG)
・世界樹の迷宮SRS(TRPG)
・艦これRPG(TRPG)
・アリアンロッド(TRPG)
・キルデスビジネス(TRPG)
ルルブ所持。プレイ経験なし。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR