路傍の牛蒡

VTuner界について最近思ってること

04月10日(火)01時29分
 雑談。
 Vtuber界、最近どんどん新しい動きが出てきていて本当に目が離せません。

 ちょうど今日、バーチャルYoutuber事務所、ENTUMが発表されました。
 所属はミライアカリ、猫宮ひなた、ヨメミ、届木ウカ、もちひよこ。
 登録者数の規模や勢いのある面子に加え、完全個人で技術力のある二人を入れたメンバー。
 さらに新規Vtuberも募集しているようです。

 今までVtuberってあくまで「各企業がバックにあるかないかの違い」はありましたが。
 「事務所」という形で、「既存のVtuberが複数集まる」というのは初めてのケースだと思います。
(シロ、ばあちゃるのような企業からの複数デビューという形は既存。
新規Vtuber志望を募集するのはにじさんじ(いちから)が既にやっていました)


 この事務所の一番画期的なところは、「個人勢が企業所属になり得る」というところと、
 「企業という硬い形でのグループ、ユニットが確立される」ということ。

 「個人勢が企業所属になり得る」点については、地味に初、だと思う。
 個人に企業案件が持ち込まれる、というのはもはや珍しいことではなくなったのですが。
 個人を企業がバックアップする、という形で出てきたのは多分初めて。
(Openrecが公式ストリーマーとして雇ってるのを含めればそっちが初かもしれませんが)

 これによってどういうことが起こるかというと、個人Vtuberが事務所に所属したがる、と思います。
 雑務とか対外交渉を事務所がやってくれるって言うなら誰だってやってほしいと思う。
 Vtuberには時間がありません。モデリング、撮影、動画編集、システム構築は勿論ですけど、
 情報収集、Vtuber同士の関係、ファンへの対応、企業案件への交渉などなど、とんでもない量のタスクを抱えてます。
 その上個人勢だと生活の為に働いて、残りの余暇の時間でこれを処理しないといけないんですから。

 で、個人Vtuberが事務所に所属したがるとどうなるか。
 個人勢の多くが、お行儀よくなるんじゃないかなあ、と。
 今回所属が発表された届木ウカ、もちひよこですが、どちらも歴戦のネット民。
 当たり前ですけど、やらかしたり炎上する人は事務所が雇うにはリスクが高すぎる。
 ネットリテラシーの高さが事務所所属の最低条件になります。
 ……ネットで活動する以上当たり前に必要なことではありますが、結構危険な発言をする人、多いですからね。
 それを売りにしてるなら別ですけど、関係ないとこで危ない橋を渡る人がかなりいる印象。

 あとは「企業という硬い形でのグループ、ユニットが確立される」という点について。
 Vtuber同士のコラボ、というのはここ2ヵ月で全く珍しいものではなくなりました。
 が、「企業が一緒」だと、その一回だけ、数回だけ、ではなく、基本的には永続で絡み続けることになります。
 結果として、普通のコラボでは出来ないような硬い関係性が生まれる訳ですね。
 シロとばあちゃる、にじさんじ勢などを見れば、個人勢同士のコラボとは一線を画すのがわかるかと思います。

 事務所の話はここまで。
 追記は最近の動向とかもう好き勝手語ります。


 まず最近の四天王の動き。

 キズナアイはテレビ進出や声優デビューなど。
 「今Vtuberのファンじゃない人をVtuber界に取り込む為の活動」に積極的な気がしています。
 といっても、それは親分がずっと続けてきた活動。パイオニアは本当に大変です。
 あとはエイプリルフールで輝夜月とコラボしてました。とはいえ、コラボについては多分あんまり積極的じゃなさそう。
 コラボって「互いのファンの共有」にはなっても「完全新規層の獲得」にはあんまり効果ないですし。

 ミライアカリはさっき話した事務所が大きな動きですね。
 最近、コラボとかは積極的にやってた印象ですが、大きな動きがないなーと思ってた矢先の事務所でした。
 元々かつて「二軍、三軍」と呼ばれていた人達と仲がよく、面倒見の良さで知られていたので。
 こういう、つながりという面での新しい動きを始める四天王としては最適かなと。

 シロについては、一番大きいのは地上波テレビデビューですね。
 テレ朝なんで見れてないですけど。見れてないですけど!!サイキ道、めっちゃ気になってます。
 他に、英語で自己紹介動画を出したり、海外ファンを増やそうという路線が見えます。
 今、海外人気が高いVtuberといえばキズナアイですが、シロも間違いなく海外向けの一人。
 「英語が母国語レベルで話せる」シロの強みを活かせるフィールドだと思います。
 ……まあ、内容がかなり日本のサブカル依存なところが多いので、そこが問題な気もしますけど。

 テレビ、英語動画ともに、「完全新規層の獲得」に乗り出してきたな、という感じがしています。
 シロって万人に受けるタイプじゃないのは間違いなくて、最近、登録者の伸び率が鈍化してました。
 たぶん、「今Vtuber好きな人で、シロのファンになりえる人は、もう既に登録してる」んですよ。
 強力な個性の強みでもあり弱点でもあるけれど、もう今の顧客層での成長限界まで伸びてしまっている。
 なので、これからは親分と同じステージ、「Vtuberをよく知らない人をVtuber沼に引きずり込む」ステージ。

 あとは4/6シロの日に久々の本格コラボ、のじゃロリさん、馬とのコラボ動画を出しました。
 問題は、その内容が「VRCを使った」コラボだったんですよ。
 VRCは最近の個人勢における流行の最先端。この動きを活性化しようという意図を感じました。
 個人勢を応援することで、業界全体を活性化しようとしているのかなぁと。

 最後の四天王、のじゃおじ。最近はほとんど動画を出さず、VRCにお熱です。
 が、それは活動がないという訳ではなく、VRCを使って盛り上げよう、個人勢を応援しようという動きが見えます。
 個人勢への技術支援とかしまくってて、個人勢の王、個人勢の父、というポジションが確立されてます。
 VRCでのじゃおじが話始めると周りが急にシンとして耳を傾ける姿はまさに国王の風格でした。


 あとは最近もまだまだ勢いの止まらないにじさんじについて。
 実は僕はもうあまり見なくなりました。というのも、ファンも放送も怖すぎる。

 コラボ中心の拡張戦略の欠点が露骨に出てきたな、と思っています。
 にじさんじメンバーの視聴者層って、大半が「別のメンバーのファン」でしかないんですよね。
 「自分の推しのメンバーとよく絡むから見ている」というスタンスの人が圧倒的に多い。

 これは自分の力で少しずつファンを増やしている人では滅多に起こり得ない現象です。
 コラボによって、コラボ相手のファンを取り入れると、視聴者が急増します。
 が、その急に増えた視聴者って、別にその人に強い思い入れがあって見てる訳じゃないんですよ。
 だから何か気にくわないことがあると一気にアンチと化す。

 で、にじさんじ運営の管理の緩さ、甘さもあって、にじさんじメンバーめっちゃ炎上要素を提供するんですよ。
 一週間に2個は提供されてんじゃないのかって感じがしてます。いやもう本当にしっかりして……。
 企業だし、グループなので、炎上のリスクは非常に高い上に、引火しやすい状況なのに、火種が多すぎる。
 いやもう本当に怖い。見てらんないです。

 月ノ美兎みたいに、危機管理がしっかりしているメンバーも勿論います。
 ただ、グループなので、周りが燃えると一緒に燃えかねない訳で。実際何度も巻き込まれかけてます。
 もう本当に、委員長はにじさんじ抜けれるものなら抜けて個人で活動して欲しいと思ってるくらいです。
 多分この人、第二ののじゃおじになり得た天才なんです。
 個人で始めても(今より時間は掛かったでしょうが)絶対バズったはず。元々個人やろうと思ってたらしいし。
 ファンメイドの3Dモデルも手に入れて、もはやLive2Dに縛られる必要はなくなった……んですが。
 「月ノ美兎」というキャラクター自体は企業所持のIPと思われるので、個人化は無理、でしょうね。
 大丈夫かなほんと……。

 ちなみににじさんじの爆発的人気ですけど、「2D」「コラボ戦略」「生中心」というのが理由かなと思ってまして。

 まず「2D」。2Dって3Dより圧倒的にかわいいんですよ。まだ3Dは2Dの可愛さを越えてません。
 僕はVtuberの人気のうち、初動の伸びは間違いなく「見た目のよさ」が8割を占めると思ってます。
 なので2Dで、しかも企業の経済力で作られた2Dモデルのにじさんじ勢は初動の伸びについては超有利だと思います。

 コラボ戦略については散々語った気がするので省略。
 最近だと個人勢がVRCコラボで似た状況になってる気がして少し不安があったりします。

 「生中心」ですが、これも前ちょっと語った気がするけど、距離の近さで信者を作りやすいんですね。
 ついでに言うと、生って時間をめちゃくちゃ食うし、にじさんじ勢で生リレーを作ってて特に拘束力を上げてます。
 そうすると信者化させやすいのも勿論ですが、「時間の余ってる人がメインターゲット」なんです。
 で、結果として多分にじさんじのファン層ってかなり年齢層が低め、学生中心だと思います。
 学生同士は口コミ効果も大きいし、信者化しやすい。

 ……いやもう本当に、急激に信者を作る機構なんですよね。
 Vtuber界、というかどこでもそうだとは思いますが、まずは最初大きくなるのが一番難しいので、この戦略もいいんだと思います。
 が、信者ってすぐアンチ化するので、本当に危険。

 あとはにじさんじメンバーに委員長フォロワーが多すぎるのも結構怖い。
 ファンの大半が委員長ファンという中で、さらに委員長ファン率を高めるかのような振る舞い。
 真似するなら生のダイジェスト編集のとこだけにしてください本当に。


 あと語ってない事としては、4/1にまさかの霊電カスカ……の兄、霊電チアキの生放送。
 ちゃんとした復活が近くなったような気がして凄く嬉しかったです。

 あとニーツちゃんのかわいさが最近留まることを知りません。
 もうずっと(数ヵ月前から)音MAD作りたいと思ってるんですけど、音MAD向きじゃないのが残念。
 最近のDEPTH放送でいい素材があったんですけど、プンレクだったのでアーカイブが取れないッ……!
 Youtubeにダイジェスト版がアップされるのを心待ちにしております。
スポンサーサイト
雑記コメント(0) |トラックバック(-)


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

TOP

template designed by honome

FC2Ad

プロフィール

nigauri5825

Author:nigauri5825
にがうりです?
人種はゲーマー、趣味は作曲を中心とした創作活動。
twitter:nigauri_udon

*よくやるゲーム

・Splatoon
1ではバケツ・バケソー使い。S+カンストの底辺。
2はL3リールガン。全ルールS+。

・三国志大戦
フリマ維持したり落ちたりするくらい。
大水計。

・ひデブ改
空手使い。サブは斧に波動。
WinXPのサービス終了につき、現在プレイ不能。

・ガンストΣ
1ではSSSの多キャラ使い。2以降は半引退。
Σではバン使い。

・maimai
低速曲とホールドが死ぬほど苦手なレート12台。

・迷宮キングダム(TRPG)
多分まよくろ。

・シノビガミ(TRPG)
・CoC(TRPG)
・パラノイア(TRPG)
多少プレイ経験あり。

・ダブルクロス(TRPG)
・世界樹の迷宮SRS(TRPG)
・艦これRPG(TRPG)
・アリアンロッド(TRPG)
・キルデスビジネス(TRPG)
ルルブ所持。プレイ経験なし。

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR